トンカットアリ 健康被害

トンカットアリの効果と健康被害の心配について

トンカットアリ

 

トンカットアリとは一体・・・??

 

トンカットアリは熱帯雨林で育つ植物で、古くから滋養強壮目的で利用されてきた天然ハーブです。

 

トンカットアリにはアミノ酸の一種であるアルギニンが豊富に含まれており、さらに、アルギニンの吸収をしやすくするビタミンB6、亜鉛なども含まれています。

 

アルギニンは精力アップに欠かせない成分といわれていますね。

 

アルギニンの効果と副作用

 

このトンカットアリは、男性ホルモンであるテストステロンの分泌を促す効果があります。

 

テストステロンの分泌が増えることにより、肉体的、精神的の抑制、スタミナの向上といった効果や、精子の働きを活発化し、
男性機能の向上、性的興奮の増加等の効果が得られます。

 

また、血液の流れを良くする効果もあることから、勃起力の改善も期待できます。

 

その効果は、即効性を期待するというよりも、自分の体力を改善し、
体内で生成されるテストステロンの量を自らの力で徐々に増やしていくというとても自然な形で効果が得られると考えられます。

 

 

健康被害の心配はほとんどない!?

 

トンカットアリはもともと天然の食由来成分であり、様々な実験や研究からも健康被害の心配はほとんどありません。

 

ただし、過剰な摂取は、腹痛、下痢、おう吐、頭痛などの副作用を引き起こすおそれがあるので一度に大量に摂取することは避けた方がいいでしょう。

 

また、トンカットアリに限りませんが、食物アレルギーをはじめ、人によって体質はさまざまなので、
普段からお腹を壊しやすい、アレルギー体質だという方は摂取にあたって注意する必要があります。